トレンドニュース

浜田雅功が三半規管が強くて目が回らないのはなぜ?ガキの使いで見せたファインプレイ!

皆さんおはこんばんにちは!ヨシえもんの呟きのお時間です!

浜田雅功さんがガキ使で回転椅子の脱出ゲームをしていてゲームのようなコミカルな動きが話題となっていました!!

三半規管が強い人はどんな人なのかまとめました!

 

浜田雅功はなぜ三半規管が強い?

浜田雅功さんに限らず三半規管が強い人は平衡感覚が鈍感な人のようです!

バレエやフィギュアの人が目が回らないように訓練で強くすることも出来るのが特徴ですね!

 

トレーニング方法は?

三半規管を鍛えるには平衡感覚を養うことが大切です。

前転や後転などのマット運動トランポリンブランコすべり台などは平衡感覚を養い、揺れやスピードを体験できる遊びです。また、後ろ歩きや目をつぶって歩くことも平衡感覚を鍛えられるのでおすすめです!

乗り物に慣れることで予防になるようですね!

一人ひとりのペースでいろいろな乗り物に乗る体験を積み重ね、それぞれの乗り物の揺れやスピードに親しんでいくことは、三半規管を鍛えるだけでなく、乗り物への不安を和らげることにもつながります。

宇宙酔いに悩まされる宇宙飛行士たちのために、長年乗り物酔いの研究や訓練が行われてきました。

回転いす運動もその一つと言われています。現在では、地上の無重力状態での訓練は有効でないとされ、宇宙酔いの予防には主に酔い止めの薬が用いられていますが、かつては地上での訓練やテストにも取り入れられていました。宇宙酔いにはあまり効力を発揮できなかった回転いす運動も、地上では乗り物酔いの訓練に期待できることが宇宙飛行士たちのこうした訓練の経緯からもわかっています。ただし、訓練期間中は効果が期待できるものの、訓練しないとその効果はすぐに失われるともいわれています。積極的に乗り物の経験値を高めることや予防のための訓練を日常の中に取り入れることが予防のポイントといえそうです。