トレンドニュース

イベルメクチンコロナに効くのはなぜ?日本で使える?副作用は?

これからお休みになる方も、お目覚めになる方もおはこんばんにちはー。 ヨシえもんの呟きのお時間です。

イベルメクチンというシラミの薬が新型コロナウイルスに効果があるとオーストラリアの大学から発表がありました。

どこの研究発表?

オーストラリア南東部メルボルンのモナッシュ大学の研究チームが発表したもので、アタマジラミ症などに使われる抗寄生虫治療薬の「イベルメクチン」が、実験の結果、新型コロナウイルスの抑制に効果があったとしています。

「1回量のイベルメクチンで新型コロナウイルスの複製を48時間以内に止めることができました」(モナッシュ大学 カイリー・ワーグスタフ博士)

「イベルメクチン」は、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授が発見した放線菌から開発され、年間3億人の治療に使われる寄生虫による感染症治療薬で、オーストラリアなどですでに30年以上、使われています。モナッシュ大学では、今後、「イベルメクチン」の臨床試験を行い、できるだけ早期に新型コロナウイルスの治療薬として応用したいとしています。

 

これはかなり期待できるではないでしょうか??

 

イベルメクチンは本来の目的以外にも他の感染病予防にも効果が期待できるとされていたようですね!

副作用もさほど無さそうです。

詳しくはこちら

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イベルメクチン

 

アビガンについての記事です。

アビガン副作用は?新型コロナになぜ効く?