トレンドニュース

耳をすませば実写化!ロケ地はどこ?原作との違い!

これからお休みになる方も、お目覚めになる方もおはこんばんにちはー。 ヨシえもんの呟きのお時間です。

耳をすませばの実写化が決定しましたね!

今回はロケ地についてまとめました!

耳をすませばのアニメのロケ地は?

  • 「雫が通っている学校」

    耳をすませばの舞台となった聖地(ロケ地):雫の学校-1

    本編中で、雫が通っている学校は「小金井市立小金井第一中学校」がモデルとされている。

    小金井市立小金井第一中学校:公式ホームページ

  • 「耳をすませばの舞台の聖地(ロケ地)となった、京王線沿線の聖蹟桜ヶ丘(せいせき さくらがおか)」

    耳をすませばの舞台となった聖地(ロケ地):聖蹟桜ヶ丘駅前-1

    東京多摩市にある「聖蹟桜ヶ丘」は、「耳をすませば」のモデルとなった街としても有名で、聖蹟桜ヶ丘駅の西口広場にある交番横には「耳をすませば モデル地案内マップ(中央商店会・作)」が設置されている。

    → 聖蹟桜ヶ丘 散策マップ

  • 「作中で出てくる、ロータリーや地球屋」

    耳をすませばの舞台となった聖地(ロケ地):ロータリー 耳をすませばの地球屋のモデル:ノア-1

    こちらは、雫がムーンを追いかけているうちに辿りついた「ロータリー」と「地球屋」のモデルとなった場所やお店になります。

    また、ココも聖蹟桜ヶ丘駅から歩いて行ける距離になります。

    「地球屋」のモデル・・・「桜ヶ丘 邪宗門(じゃしゅうもん)」という喫茶店だったが、2012年10月に店主の逝去に伴って廃業となり現在は無くなっている。

    桜ヶ丘 邪宗門:公式ホームページ

実写版のロケ地!

情報が整い次第アップします!