中学、高校時代

美容師になるなら私立に行くな!しくじり先生ヨシえもん!

これからお休みになる方も、お目覚めになる方もおはこんばんにちはー。

 

ヨシえもんの呟きのお時間です。

 

 

前回は美容師になったきっかけを書きました。

わりと好評だったんですよ!これが!

 

なので今回は第2弾!美容師こそ俺の生きる道!!高校選び編をお送りします(^ ^)

 

美容師になりたい子たちもその親御さん達にも為になる話が盛りだくさんなので最後までお楽しみ下さい!

 

が、今回は少々刺激が強いかもしれません。。。

 

美容師になるなら私立には行くな!!

 

 

あー。教育ママさんから抗議の声が聞こえるー。。

 

 

さきに謝っておきます!

ごめんなさい。

 

ヨシえもんは美容師を目指す子達の味方なので!

 

それはさておき、

私立に行くなとは言ったんですが、正確にいうと。。。

校則の厳しい高校に行くな!

という事です!!

 

 

僕は校則の厳しい高校に行ったせいで青春がありませんでした。。

 

カムバーック!!俺の青春!!

 

おーっと。心の声が漏れてしまいましたね。

 

美容師になりたいってヨシえもんチルドレンの皆んなは髪型やファッションに興味がある方がほとんどだよねー。

 

 

それが校則と言う古い固定概念に囚われた、この世の不条理の産物のせいで、おしゃれが出来ないなんてふざけた話がありますか!??

 

 

スカートの丈?

メイク禁止?

長髪禁止?

眉毛は整えるな?

髪染めるな?

ピアス禁止?

スタイリング禁止?

ツーブロック禁止?

 

 

why!??Japanese people!!??

 

 

 

こんな事禁止してなんになる!?

禁止するからやりたくなるんだ!!

っていうかメイク、スタイリング、眉毛、ツーブロックみんな社会人やってるやん。

むしろどちらかと言うとやらなければいけない事やん。

もっと社会に出て為になる事を教えてくれー!

 

恐怖!シャンプー指定。

僕が行っていた高校は校則がめっちゃ厳しく

頭髪検査は勿論の事、シャンプー指定まである高校でした。

頭髪検査で髪の匂い嗅ぐのかよ!!!

 

権力恐るべし。。

 

おまわりさん、この人です。

 

とツッコミたくなります!!

 

流石に僕の知る限り、匂いを嗅いでいた先生はいませんでしたが、頭髪検査で引っかかった時、その場で髪を切られたりした事はありました。。。

 

高校生活の事は思い出しただけで。。

 

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ー!!!!

 

ってスタンドもびっくりするくらいの感じになってしまうのでこの辺にしておきます。

 

兎に角言いたいのは、

 

校則だけには気をつけろ!

 

という事です。

 

しくじり先生ヨシえもん!俺みたいになるな!校則が自由な高校を推す理由。

 

いやー高校選び本当にしくじりました。

 

間違えなく校則が自由な高校に行った方がいいです!

 

校則が自由な高校に行った方が自分がしたいおしゃれも出来ますし、周りの人もおしゃれな人が増えてくるのでとても刺激になります!

そして可愛い子も多いです!!

カッコいい子も多いです!!

おしゃれな子も多いです!!

もう一度いいます!

可愛い子も多いです!!!!

カッコいい子多いです!!!!

おしゃれな子も多いです!!!!

 

これめっちゃ重要!!テストに出ます!

 

美容師って簡単に言えば人を美しくするのが仕事です!

人を美しくする人が、可愛いとか綺麗とかカッコいいっていう感覚がないもしくは、ズレてるってヤバくないですか??

 

なんで可愛いのかな?

なんでカッコいいのかな??

なんでおしゃれなのかな?

それを肌で感じながら考える事が大切なんです!

 

人間は見たものの中でしか想像する事が出来ないので、どんどんインプットする事がセンスアップに直結します!

 

何よりも自由な校則の高校の方が高校生活そのものが楽しいです!

 

 

高校生活は思う存分青春してください!!

 

楽しい青春の1ページが大きな財産になるから。

 

美容師になる為の高校選び まとめ

 

今回は少し刺激が強めかつ、僕の偏見が入ってましたがいかがでしたでしたか??

 

僕は高校選びしくじりました。

 

それはもう

 

ナイアガラの滝から飛び降りたくなるくらい!

 

ヨシえもんチルドレンのみんなには貴重な青春の1ページを無駄にして欲しくないです。

教育ママさん達もどうか勉強以外に大切な事がある事を理解してあげてください。

 

そしてセンスを磨くのは一日でも早い方がいいです。

 

僕は周りにおしゃれな人がいなかったので、とても苦労しました。

 

どうかヨシえもんみたいにならないで下さい。。。

 

薔薇色の高校生活を送ってください!

 

以上です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。