美容師国家試験

美容師国家試験とは?筆記試験の内容は?合格率は?

これからお休みになる方も、お目覚めになる方もおはこんばんにちはー。

ヨシえもんの呟きのお時間です。

 

さて前回の記事で美容学校のイベントは大体書き終わりました!!

 

美容学生の生活を想像することは出来ましたか??

 

ここまでヨシえもんのブログを読んでいるヨシえもんチルドレンのみんなは美容師になりたくてなりたくて仕方ないのではないでしょうか??

 

素晴らしい!!!

 

ただ、美容師のスタートラインに立つには一番大きな壁が存在します!!

 

それは、

 

美容師国家試験!!

 

 

これこそが美容学校に通う一番の目的です!!

 

美容学校は国家試験に合格するためなので、国家試験の事を書かずに美容学校編が終わるなんてありえないです!!

 

実体験を交えつつできる限り事細かに書いていくので是非参考にして下さい!!

 

最後まで読んだら

ヨシえもん先生

と呼びたくなる事でしょう。

美容師国家試験!学科編!!

 

美容師の国家試験課題は大きく分けて学科と実技があります。

学科試験の方が先に行われて、その1ヶ月後に実技試験が行われるという流れになります。

学科の試験科目は、

関係法規

物理化学

美容保健

美容技術理論

衛生管理

の5科目に分かれています。

ざっくり説明すると、

関係法規は美容師に関係する法律関係。

物理化学はヘアケア商品などの知識。

美容保健は人体の構造。

美容技術理論は美容師の技術解説。

衛生管理は消毒の仕方、感染症予防。

といった感じになります。

 

合格の基準としては

50問中60%以上が合っていなければいけないのと、5科目全ての課目において無得点がないことというのが合格の基準になります。

つまり、

 

全体の点数が良くても課目で無得点があった場合は不合格となってしまうのです。

 

この課目無得点と言うのが厄介者で、学科で落ちる人の殆どがこの制度のせいで再試験になっています!

 

そして、学科試験はひっかけ問題みたいなのが多くて意外と引っかかる人が多いです。

 

ヨシえもんも引っかかったことがあります。。

 

国家試験と言うだけあってかなり性格が悪く作られているところに国の意地みたいなのを感じますよね。

 

とはいえ合格率は80%くらいはあるので、普通に勉強していれば問題なく受かります!

 

勉強嫌いなヨシえもんでも受かったので間違いないです!!

 

ちなみに学科の試験会場は大学の教室を借りて行われています。

 

試験官はやる気なさそうな人たちがやっているような感じです。

 

バイトも混じっていることでしょう。

 

なーのーでー

 

ぶっちゃけカ〇〇〇グ出来ちゃう環境ではあります。

 

ヨシえもんの友達もそれで試験乗り切った奴がいました。

 

が!しかし!!

 

リスクを考えると絶対勧められないです!!

 

自力でなんとかしましょう!!

 

国家試験を乗り越える事が出来ない人は、美容師という過酷な仕事を乗り切れるわけがありません!

 

試験自体は何回でも受けれるので自力で受かるまでトライし続けてください!!

 

出来るまでやる事に意味がある!!

 

カ〇〇〇グはダメ絶対!!

美容師国家試験とは?〜学科編〜 まとめ

 

美容師になる為に避けては通れない道、国家試験!

今回は学科について書かせて頂きました!

意外と大変な事が伝わったのではないでしょうか??

美容学生って好きなことが勉強できるし、同じ夢を志している仲間が沢山いるのでとても面白いです!

なので、

 

思う存分楽しんで欲しい!

 

ヨシえもんはそう思います。

 

ですが、国家試験が待っているということは頭の片隅に入れておきましょう!!

簡単に言えば夏休みの宿題みたいなものなので、

毎日コツコツ勉強していれば試験前に苦労する事なく美容師になれます!

周りが焦ってるのに余裕だと気持ちいいですよー!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

次回は国家試験の事前準備について書きたいと思います!!