美容師国家試験

美容師国家試験!実技試験の流れ!合格点数は?

これからお休みになる方も、お目覚めになる方もおはこんばんにちはー。

ヨシえもんの呟きのお時間です。

 

さて、前回の記事を読んで事前準備は完璧になったことでしょう。

 

そろそろ

 

 

ヨシえもん先生!!

 

 

って呼んでくれていいですよ!!

 

 

え?まだ早い??

 

実技試験について教えてもらってない??

 

遂にみんなの方からそんな事を言うようになったのか!!

 

やる気になってくれてヨシえもんは嬉しいぞ!!

 

 

 

茶番はこれくらいにしておいて。。

 

合格基準のおさらいです!

 

衛生上の取扱試験で減点が30点以下、基礎的技術試験の第1課題で減点が40点以下、第2課題で減点が50点以下というのが合格の基準になります。

 

 

 

今回の記事は、実技試験当日の流れについて書きたいと思います!!

 

イメージしやすいように書いていくので、入念に脳内シュミレーションして下さいね!!

美容師国家試験!〜第一課題の準備〜

 

実技試験は、第一課題のカットから始まります!!

 

 

はじめにウィッグの審査があります。

 

カットウィッグを出して審査員が回ってきたら大声で

 

お願いします!!

 

ありがとうございました!!

 

と言いましょう!!

 

挨拶は基本ですからね!!

 

この時、落ちない汚れがある場合は忘れずに申告しましょう!

 

次にカットの準備です!

 

試験官の指示に従って準備します!

 

①消毒薬(除菌用ウェットティッシュ)・汚物入れを出す

 

②ビニールシート・雑巾を出す

 

③立って手指消毒をする

使用したウェットティッシュは汚物入れに畳んでインしましょう!

 

④クランプを出して、ウィッグを取り付けます!

 

⑤カットで使う道具を全て出す

使わない道具・オールウェーブの道具を出すと減点になりますので間違えて出さないように!!

道具は向きを揃えて綺麗に並べて下さいね!

毛クズが入らないように注意しましょう!

 

⑥ウィッグをウェットする

この時に使った道具は使用中のトレイに戻すこと。ウィッグの髪の毛はオールバックにとかします。

 

⑦残り1分のコールで、消毒済タオルを取り出してウィッグの顔についた水滴や髪の毛は綺麗に拭き取ります!

 

⑧使用したタオルとタオルを入れていたビニール袋を、上からウェットティッシュ→袋→タオルの順番になるように汚物入れに綺麗にインします!

 

準備中に衛生委員が回って来て、ひとりひとり爪をチェックされます!

自分のところに回ってきた時はすぐに作業を中断して

 

お願いします!

 

手の甲と手のひらを見せて

 

ありがとうございました!

 

と元気よく挨拶です!!

 

第一課題スタート!

 

諸注意が録音されたテープが流れます。

 

優しい女性の声で心が穏やかになります。

 

説明が終わると音声が一変!

気合の入った熱苦しいおじさんの声で、

 

よーいはじめ!!

 

と流れます!

あまりにギャップが凄いので吹き出さないように気をつけましょう!!

 

残り10分、残り5分、残り1分のコールがあります!

 

『手に持ってる道具をおいて下さい』で終了です!

 

その後はウィッグの顔を拭き拭きする時間があります!

 

消毒済タオルを取り出して顔首周りの水滴・毛クズを綺麗にして、使用したタオルと袋を汚物入れに綺麗にインします。

 

この時に道具が散乱していたら静かに直しましょうね!!

 

使用したタオルとビニール袋は必ず汚物入れに綺麗にインして下さい!

 

最後に仕上がり審査です!

 

ウィッグを取り外し、審査室へ移動します。

第二課題の準備!

オールウェーブセッティングも同じような流れになります!

 

モデルウィッグの審査

鞄の中からモデルウィッグを出します。

テーブルの上は毛クズだらけです!毛がつかないように気をつけましょう!

 

オールウェーブセッティングの準備

①第1課題で使用したコーム皿(消毒済・使用中)、汚物入、スプレーヤーを鞄の中にインします!

鞄の中から綺麗なタオルを取り出して机の上を拭き拭き!

毛クズ一本残らないようにしましょう!

この時はしゃがんだまま行い、ウィッグや他の道具には一切触れないように気をつけましょう!

なぜならば、まだ手指消毒をしてない状態なのでむやみやたらに触ると減点になる可能性があるからです!

 

②新しい汚物入を出します

 

③立って手指消毒を行います(ウェットティッシュのフタは開けなくて大丈夫です)

 

④ウィッグをクランプに取り付けます

 

⑤他の道具を全て出します

 

第二課題スタート!

 

第二課題はおっさんの気合の一発があったかうる覚えです。。。

とりあえずコールは、

残り10分、残り5分、残り1分のみ!

シングルピンの取り忘れは未完成扱いになりそれだけで失格になりますので、注意しましょう!また、ピンが足りなくてできないことがないように十分な量を用意しましょう!

 

 

次にウィッグを拭き拭きする時間です!!

 

消毒済タオルを取り出して顔首周りのセット剤・水滴・毛クズをキレイキレイしたら、使用したタオルと袋を汚物入れに綺麗にインします。

道具が散乱している場合は静かに直しましょう。

この時にセット剤拭きタオル・手拭きタオルも一緒に汚物入れに綺麗に収納します。

このタオルをしまい忘れる人がとても多いので、忘れないように!!

 

最後に仕上がり審査です。

試験官の指示に従い、ウィッグを動かしたり、傾けて作業していた方は台座が床と水平になるように綺麗に直します!

試験官はウィッグやクランプに手を触れることはないので、傾いたままにしておくとそのまま審査されることになりますので、しっかりと水平にしましょう!

また、第1課題はウィッグを審査室に運びましたが、第2課題はクランプに付いた状態での審査になります。

テーブルの上もチェックされるので綺麗にしましょう!

以上が試験当日の流れになります!

しっかりと脳内シュミレーションして、本番に備えましょう!!

美容師国家試験!〜実技〜 まとめ

 

はい!お疲れ様でした!!

試験を受けた気分になれましたか??

今も昔もそこまで流れは変わってないと思います!!

試験前はこの記事を読んで試験中のイメージトレーニングをすれば緊張しない事でしょう!!

これで

 

ヨシえもん先生

 

と呼んでくれますか!!?

 

え??

しょうがないから呼んであげる??

 

 

ありがとうございます!!

では最後は、

 

ヨシえもん先生!ありがとうございました!!

 

で締めましょう!!

それではいきます!!せーの!!

 

ヨシえもん先生!!!

 

 

 

キモい!!!!

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

ある意味期待を裏切らないでくれてありがとう。。

 

次は合格した後の事を書きますね。。。。。